ボウタイブラウス Iju イジュ 裁断のポイントを解説します

リバティプリント Katie and Millie – ケイティ・アンド・ミリー 輸入タナローン

Flor Blancaオリジナルデザイン ボウタイブラウスを仕立てました

今まで多くの方にパターンを手にして頂いた “ Iju ” イジュ

今回はオリジナルパターンより丈を4cm出し、ボウタイを7cmずつ長くしましたのでその裁断方法をご紹介します

まず後ろ身頃を裁断します

裁断の順番は決まっていませんが、大きいパーツから裁断するとやりやすいです

裾を4cm平行に出してカットしました

肝心のノッチ入れ

ノッチ箇所にノミで3mmの切り込みを入れます

もちろんハサミでもOK

続いて前身頃を裁断

こちらも丈を4cm出してカットしました

そして袖を裁断

通常 中表で裁断しますが、柄がある場合は外表で柄を確認しながらカットしても良いです

今回は外表に裁断しました

カフスを裁断

カフスには芯を貼るのでパターンより少し大きめにカット

2枚分広げたところ

そしてこちらの薄手の接着芯をアイロンで貼ります

タナローンのように薄手素材に向いている芯

教室でもよくお買い求め頂く芯ですね

芯は厚地、中厚地、薄地、やや薄地など種類が豊富です。またニットにはニット用芯が適しますので、生地に合った接着芯を選ぶようにしましょう

芯貼り後、パターン通りにカット

芯を先に貼ってから裁断すると作業が楽な上に、アイロン接着時に縮む懸念も払拭できます

アイロンで芯が縮んでしまうとパターン通りの寸法で上がりませんので、芯を先に貼るのがベストですね

続いて、ボウタイの裁断

こちらも接着芯を先に貼ってから、7cm長くカットしました

薄っすらと白いのが接着芯です

芯貼り時の注意点はしわやゴミが入らないようにすることです

最後にバイアステープを裁断

少し長めにカットしましたが、パターン通りで大丈夫です

あとはソーイングレシピ通りに縫製を進めると完成します

袖口ゴム仕様、あきもシンプルですので比較的スムーズに作れるアイテムです

リバティのケイティアンドミリー

可憐な小花柄が素敵

小花柄ゆえに色んなボトムスに合わせやすいかと思います

ソーイング初心者様も上級者様も是非作ってみてください

シャツの衿付け程難しいポイントもなく、それでいてきっちり感、清楚感のあるブラウス

レシピを見ればスムーズに仕立て上がり、さらっと着れるボウタイブラウスです

ボウタイブラウス “ Iju ” イジュ

パターン、レシピはこちらからお求めいただけます

ソーイングがより楽しくなりますように♡

 

関連記事

  1. FlorBlancaオリジナル口金を使ってがまポづくり☆

  2. ティアードスカートオーダー会のお知らせ

  3. ベレー帽 Gaura ガウラ

  4. 台形スカート Mallow

  5. LINTON Suit

  6. 体験レッスンでフラットポーチを制作されました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2021年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031